駕輿八幡宮(かよいはちまんぐう)

駕与丁池に浮かぶ島のように見えるこんもりとした木々の中に駕輿八幡宮はあります。神功皇后と応神天皇が祀られており由緒ある神社ですが、現在の拝殿は鉄筋コンクリート作りになっています。境内はキレイに整備されており、境内に入るととても落ち着いた気分になります。

駕与丁池に浮かぶ島のように見えますが島ではありません。地図で見るとおり地続きになっています。
こんもりとした木々のこの場所に駕輿八幡宮があります

駕輿八幡宮の拝殿と鳥居です。
駕輿八幡宮の拝殿と鳥居

駕輿八幡宮の拝殿の内部です。
駕輿八幡宮の拝殿の内部

駕輿八幡宮の拝殿の後ろに廻ってみたらこんな感じでした。
駕輿八幡宮の拝殿の後ろ

駕輿八幡宮の境内です。かなり古そうな灯籠だなぁと思っていたら。。。
駕輿八幡宮の境内

昭和四年に作られた灯籠のようです。
昭和四年に作られた灯籠

鳥居は昭和四十七年に作られたようです。
昭和四十七年に作られた鳥居

駕輿八幡宮の祭神と由来です。 ※写真をクリックすると大きな写真が表示されます
駕輿八幡宮の祭神と由来に関する説明

駕輿八幡宮はここです

駕輿八幡宮はここです♪

↓ 駕与丁公園の帰りにイオンモールに立ち寄って、お得にお買い物 ↓

サイトMENU

Copyright (C) 2007 駕与丁公園ガイド. All Rights Reserved.